racoon

b0205295_23365454.jpg

「あらいぐまラスカル」で有名なアライグマは、英語で何と言うでしょうか?

「洗う」と「熊」だから「washing bear」かというと、まったく違うんですね。

まったく違う1語の英単語があります。

アライグマは英語で「racoon(ラクーン)」と言います。

ラクーンという言葉は、アメリカ・バージニア州のジェームズタウン辺りで

話されていたアメリカ・インディアン(ネイティブ・アメリカン)の言語です。

彼らの言葉でラクーンは「手で洗う生き物」という意味だそうです

日本では「あらいぐまラスカル」の影響で、愛らしい動物というイメージが

定着しているアライグマですが、アライグマの原産地であるアメリカではまったく違います。

アライグマは凶暴なうえ、狂犬病を運ぶため非常に危険なので、

害獣として認定されています。

凶暴な野良犬がウロウロしているところを想像してください

見た目はカワイイけど恐ろしいですね。


[PR]
by usipunan | 2017-06-01 23:44 | 生物 | Comments(0)
<< 奈良県 三輪明神 GWG-1000-1AJF >>